87%以上の方が満足?!赤ワインが欲しいならココっ~!ウイリエーザロッカ・ディ・モリの感想♪スクインツァーノ・リゼルヴァイタリアの値段♪ボディー

同じ造り手さんの別のワインも今度買ってみようと思います。最初からフレッシュな果実の香りが立ち上ります。酸味も強めでメリハリがあり、しっかりした骨格を備えています。

コスパがいい♪

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

イタリア 赤ワイン スクインツァーノ・リゼルヴァ ウイリエーザ ロッカ・ディ・モリ ボディー【イタリア】【赤ワイン】スクインツァーノ・リゼルヴァ ウイリエーザ 2008ロッカ・ディ・モリ[フルボディー]

詳しくはこちら b y 楽 天

ミルキーな要素!カラメル香!樽香!ヴァニラ香!僅かにチョコレートの風味!胡椒などスパイス香が加わります。友人から勧められて購入しました。今回も!お肉料理と合わせましたが!マリアージュは大成功でした。未だ荒々しいイメージさえ感じられます。その後の2007年も2000年ほどでは無かったですが!美味しかったです。コルクもかなり長い(55mm)ものが使われており!長期の保管に耐えられるよう仕上げられていました。口の中に凝縮した濃い果実の旨みが広がります。高評価の4.2点のワインって、どんな味なんだろうと思って買ってみました。ホイルも厳重に巻かれていて!剥離するのが困難なくらいでした。その中に、胡椒を思わせるスパイシーな要素も感じました。非常に色の濃い赤紫色の外観、僅かにエッジがレンガ色を帯びています。かなりアルコール感の高いワインかと思っていましたが!果実味とのバランスがよく!タンニンもこなれた感じで思った以上に飲みやすく!美味しかったです。麦ちゃんテイスティングコメントによりますと!「2000年ヴィンテージですが!未だ開くまでに時間がかかります。高評価の4.2点のワインって、どんな味なんだろうと思って、2000年のヴィンテージのスクインツァーノを買ってみました。楽しく過ごせる逸品です。その甘さが余韻として長く残りました。その中に、胡椒を思わせるスパイシーな要素も感じました。未だ荒々しいイメージさえ感じられます。自宅で時間を掛けてのんびりと微妙な表情の変化を愉しみながら味わうのに最適!このヴィンテージ(2008年)も秀逸な出来だと思います・・・昨年は御歳暮でも大活躍してくれた1本です。その為、又、リピートしてしまいました。」麦ちゃん評価 4.2↓とあります。タンニンは強く、収縮感はあるものの尖った印象はありません。酸味も強めでメリハリがあり!しっかりした骨格を備えています。最初からフレッシュな果実の香りが立ち上ります。その後、口に含むと、とても甘いプラムのような味がしてきます。ブルーベリーやプラムをジャムにしたような果実の甘い香りが主体です。その中に、胡椒を思わせるスパイシーな要素も感じました。その後!口に含むと!とても甘いプラムのような味がしてきます。ミルキーな要素、カラメル香、樽香、ヴァニラ香、僅かにチョコレートの風味、胡椒などスパイス香が加わります。1本はクール便で届いたとたんに抜栓!飲み始めました。それから、ヴィンテージが変わっても買い続けています。タンニンは力強く、未だに収縮するものを感じ、ボディーも厚く、飲み応えがあります。今回購入した2008年物は!2007年よりも更に美味しいと思います。お奨め出来る赤ワインです。セラーにいつも1本入れておきたいワインです。口の中に濃縮した濃く深い豊かな果実味が広がります。タンニンは力強く!未だに収縮するものを感じ!ボディーも厚く!飲み応えがあります。まるで干しプラムを食べているような甘酸っぱい果実風味です。非常に色の濃い赤紫色の外観!僅かにエッジがレンガ色を帯びています。」麦ちゃん評価 4.2↓とあります。食後の濃いめのチーズとも相性が良かったです。コルクもかなり長い(55mm)ものが使われており、長期の熟成に耐えられる様に仕上げられていました。おすすめのワインです。ホイルも厳重に巻かれていて、剥離するのが困難な状態でした。開くのに時間がかかりそうでしたので、食事の前から抜栓して1時間位置きました。。ブルーベリーやプラムをジャムにしたような果実の甘い香りが主体です。出来は2000年に近いと思います。口の中に濃縮した濃く深い豊かな果実味が広がります。無くならない内に買っておこう。余韻は長く!果実の旨みと共に!チョコレートを思わせる旨み!カラメルの風味!収縮するタンニンなどが現れます。骨太で力強く、収縮するタンニンがあり、やや荒々しい印象を受けますが、凝縮した濃い果実の旨みとチョコレートの旨みなどが素直に広がるモダンな印象のヴィンテージと言えます。その中に、胡椒を思わせるスパイシーな要素も感じました。とても美味しいワインですから!無くならない内に買っておきましょう。以前にも購入しましたが!非常に美味しいワインです。余韻も非常に長く!後味にも酸を伴った果実の豊かな旨み!収縮する強めのタンニンが長く残る印象です。ホイルも厳重に巻かれていて!剥離するのが困難な状態でした。麦ちゃんテイスティングコメントによりますと!「2000年ヴィンテージですが!未だ開くまでに時間がかかります。口の中に濃縮した濃く深い豊かな果実味が広がります。とても香りが良く!余韻を楽しめるワインと思います。ミルキーな要素、カラメル香、樽香、ヴァニラ香、僅かにチョコレートの風味、胡椒などスパイス香が加わります。この赤ワインは!リピート確実です。アルコールを強く感じ、膨らみがあり、ボディーが厚く、旨みの要素は素直にストレートに広がります。イタリアワインの赤ですが!とても美味しいのでリピート中です。開くのに時間がかかりそうでしたので!食事の前から抜栓して1時間位置きました。まるで干しプラムを食べているような甘酸っぱい果実風味です。その後の2007年も2000年ほどでは無かったですが、かなり美味しかったです。出来は2000年に近いと思います。非常に色の濃い赤紫色の外観、僅かにエッジがレンガ色を帯びています。無くならない内に買っておきましょう。」麦ちゃん評価 4.2↓とあります。麦ちゃんテイスティングコメント (2014年4月27日試飲)によりますと、「干しプラム、カシス、アメリカンチェリーのジャムなどを思わせる果実香、ミルキーな要素、ヴァニラ香、チョコレート、カラメル香、古びた樽の風味、燻し香、鉱物を感じるミネラル、胡椒などスパイス香など複雑に豊かに香ります。麦ちゃんテイスティングコメントによりますと!「2000年ヴィンテージですが!未だ開くまでに時間がかかります。その後!口に含むと!とても甘いプラムのような味がしてきます。ワインの知識はあまりありませんが!余韻が長いワインとは!こういうワインなんだと納得できました。最初からフレッシュな果実の香りが立ち上ります。確かにイタリアワインとしては、やや扱いにくく、抜栓後すぐに美味という訳にはいきません。ショップのお勧めに従って、また購入しました。コルクもかなり長い(55mm)ものが使われており、長期の保管に耐えられるよう仕上げられていました。その甘さが余韻として長く残りました。余韻も非常に長く!後味にも酸を伴った果実の豊かな旨み!収縮する強めのタンニンが長く残る印象です。低価格モデルは!売り切れています。香りが楽しめます。その甘さが余韻として長く残りました。最初からフレッシュな果実の香りが立ち上ります。今回は暫く寝かせてから抜栓するつもりです。それからヴィンテージが変わっても買い続けています。この赤ワインはリピート確実です。ブルーベリーやプラムをジャムにしたような果実の甘い香りが主体です。はじめてロッカ・ディ・モリを知るきっかけとなった赤ワイン。今回は!牛肉料理と合わせましたが!マリアージュは大成功でした。ホイルも厳重に巻かれていて!剥離するのが困難な状態でした。タンニンは力強く、未だに収縮するものを感じ、ボディーも厚く、飲み応えがあります。まるで干しプラムを食べているような甘酸っぱい果実風味です。他のロッカ・ディ・モリも試してみようかな。↓高評価の4.2点のワインって、どんな味なんだろうと思って、2000年のヴィンテージのスクインツァーノを買ってみました。酸は比較的穏やかに感じますが、適度なものがありぼやけたイメージはありません。自宅では!本格的なジビエは無理なので!次回はエスカルゴと合わせてみたいと思いました。やはり美味しいので、この赤ワインはリピート確実です。最初から飲みやすいけど深い味わいのあるワインで夫婦共々お気に入り。コルクもかなり長い(55mm)ものが使われており、長期の保管に耐えられるよう仕上げられていました。」麦ちゃん評価 4.15〜4.2点とあります。今回購入した2008年物は!2007年よりも美味しいと思います。その甘さが余韻として長く残りました。その後!口に含むと!とても甘いプラムのような味がしてきます。酸味も強めでメリハリがあり、しっかりした骨格を備えています。高評価の4.2点のワインって、どんな味なんだろうと思って買ってみました。未だ荒々しいイメージさえ感じられます。余韻も非常に長く、後味にも酸を伴った果実の豊かな旨み、収縮する強めのタンニンが長く残る印象です。