コスパがいい?イージーペダルがオススメ~!

余計な音もしません。今回はソフトペダル用に購入しました。1!2年しか使わないのに!高いなあと思いました。

これっ♪

2017年01月16日 ランキング上位商品↑

イージーペダル甲南/イージーペダルG CA900

詳しくはこちら
 b y 楽 天

実家の教室で使うため購入。現在、他社(製造)の物を使っていますがそれと比べてこちらのイージーペダルの方が踏んだ感じが断然、違和感が少ないです。生徒が使用していた他社メーカーのものが壊れ、急遽検討し購入しました。手持ちの足台を合わせようとするとちょっと微妙。装着もしやすいです。今や有名になったアシストペダルとどう違うのか知りたい方も多いのではないかと思いますが…結論から言うと、形状が普通のペダルに近いから、踏みやすさはこちらの方がいい。130センチの娘ですが!当分は使えそうです。(ショパンのop.10-1などを弾くと顕著。作りもしっかりしていて申し分ないですが、高さの調節機能がついているともっと良いと思います。もう少しお安いといいのですが・・・せめてメーカーさんが4000円ぐらいにしてくださればいいのに・・・なかなかまだ普及品じゃないので難しいですかね〜。使いやすいです。他社メーカーのものより!設置や使用感はこの商品の方が良く!大変満足しております。とっても楽です。対応身長は平均的な小学校3・4年生くらいです。ただ、大人の私がガンガン使うとずれ易いです。娘は身長130CMですが!イージーでもぜんぜん大丈夫です。こちらが確認が甘かったので、仕方ないのですが、他の方の参考のなればと思いレビューしますね。設置も簡単なので購入してよかったです。反転させれば低くも出来るとのことだけど…そっちはアシストペダルでいいかな。以前からピアノのペダルの位置が奥過ぎて苦痛だと思っていたので取り付けてみたら格段に弾きやすくなりました。コンクールでは細かいところの勝負なので、これは大きいと思い、こちらのイージーペダルに買い替えを決めました。設置が楽でよいです。このショップは一番安かったので・・・ピアノ備品もなかなかお金がかかります。アシストは、踏むときに遊びがあるので、娘は、イージーペダルの方が踏みやすいそうです。見た目もアシストより良いです。送料がもったいなかったな...と。アシストペダル+ハイツールのふみ心地が苦手な生徒は案外多いのですが!こちらは違和感がないらしい。とても踏みやすくなったとのことです。ペダル下に!支え板のある電子ピアノの方は確認されてから購入されることをおすすめします。見た目が良くて!他のアシストペダルをやめてコチラを購入しました。踏むのがとても軽いそうです。この手のものは!いくつかある(アシストペダル・キッズペダル)のですが!イージーペダルが扱いやすいので。アシストペダルを数年使っていましたが!「あそび」の部分が大きくグラグラし!細かいペダリングの時に踏みにくそうでした。アシストペダルと悩みましたが!皆さんがこちらの方がセットするのが楽だとのことでしたので!こちらにしました。(高さ調節の機能をオーダー出来るところもありますが!価格が割に合いませんので)身長が伸びて補助ペダルが使えなくなってしまったので別のペダルを探していましたが!他のペダルは!ずれやすかったり!壊れやすかったり!ペダルを踏んだときの感じが気になったりで!決めかねていました。イージーペダルは高さ調節ができないのですが!使うのはあと1,2年なので!これで良いかと。装着も簡単です。実際に使ってみると!簡単にセットできてずれにくいし!とても軽くふめるのでこのペダルにして良かったです。ダンパーだけで、シフトはアシストを使用していましたが、イージーペダルの方が使いやすく、シフト用に購入しました。ただ、高さはアシストよりは一段階低め。一時しか使わないと思っているので、うちはセットするのが楽なイージーペダルにして大満足です。主催している教室備品として購入しました。2つ買ったので、結構な値段。踏みやすいようで操作もしやすいようです。娘はまだ132cmで、適応身長には少し足りませんが大丈夫です。130cmの子供の為に購入。商品自体はよいので!使えなくて残念です。(身長147センチ位)なので大人の人の長時間の激しい使用にも耐えられる様にできていたら本当によかったのにと思いました。1つだけ購入していましたが!結局はソフトペダル用にリピしました。台は購入せず、手持ちの似た大きさのもので代用しています。ただし、アシストペダルはペダル自身の高さも変更できるようで、こちらはペダルにはめ込むだけで簡単ですが、それ以上に高さを変えることはできません。うちはローランドの電子ピアノですがペダルの下に、(ピアノと違って)支える板のようなものがあり、うまくはまりません(涙)強引にはめても、奥のほうまで差し込めず苦し紛れに、途中まで差し込むとペダルがその支え板にあたるため、踏み込めず音がかわりません。安定感も良く、踏みやすいそうです。)ペダルの位置が手前になることで上体と鍵盤との距離に余裕ができとても楽になります。台も一緒に購入しました。